オンラインカジノは合法なの?

オンラインカジノは合法なの?

オンラインカジノをプレイするにあたって、最初に気になるのは「オンラインカジノの合法性」ではないでしょうか。

興味があっても、違法かもしれないという思いが残ったままでは踏み出しにくいですよね。

実際、この日本では賭博行為は厳しく罰せられます。
ですのでオンラインカジノも違法だと考え、その合法性について
気になってしまうのが当たり前かと思います。

ただし、賭博行為に対する法律があっても、オンラインカジノにおいてはちょっと特殊。現段階ではオンラインカジノは合法とも違法とも言えません。
まさに法律のグレーゾーンと呼ばれるものです。

なぜ合法とも違法とも言えないのか、また、本当に逮捕された例がないのかなど、これから詳しくお話しします。

オンラインカジノが合法とも違法ともいえない理由とは?

では、なぜ合法でも違法でもないのか…。
それは、今の日本には「オンラインカジノを裁く法律」がないため、合法でも違法でもないのです。

賭博に関する法律、刑法185条・186条

実際に賭博に関する日本の法律を見てみると…

< 刑法第百八十五条 【賭博】>
・賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。
ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

< 刑法第百八十六条 【常習賭博及び賭博場開張等図利】>
・賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

(刑法より抜粋)

上記のように、刑法185条でギャンブルをすることを、186条でギャンブルする場所を提供することを禁じています。
カジノは賭博行為に当たるので、賭博罪として摘発される対象になります。

しかし、これが「ネットに接続しておこなうオンラインカジノ」となると、この刑法185、186条に該当するのか?…という問題に差しあたります。

日本人が海外旅行の際に、カジノで賭け事をする行為は明らかに「賭博行為」です。ただ、この行為が違法にはならないことを、皆さんもご存じでしょう。

たとえば友人から「こないだラスベガスに旅行行ってカジノで遊んできた」なんて話しているのを聞いたことありませんか?
しかし友人の方は捕まっていませんよね。そうです、日本人が海外でカジノをプレイすることは、「合法と言い切れないが、違法じゃない」。

では、日本のパソコンから海外の賭け事に参加する場合、運営も海外、サーバーも海外にある時はどうか…。

海外の賭博に参加しているので、海外の法律は適用されるのでは?といった話になります。判断が難しいところですが、こういった部分が、今の日本の法律ではしっかりと定められていません。

オンラインカジノと法律(現行の賭博罪)については、大変曖昧な状況です。
そのため、当サイトとしましても、今は日本で海外のオンラインカジノをプレイしても摘発されることはないと考えてはいるものの、「オンラインカジノは合法だ!」と言い切ることもできないのが現実です。

グレーゾーンであることを頭の片隅に置きながら、オンラインカジノを楽しんでいただきたいと思います。

合法といえない、危ないオンラインカジノの存在

オンラインカジノの違法性

オンラインカジノは法律のグレーゾーン。そう話したばかりですが、合法とは決して言えない違法なオンラインカジノもあることについてお話しします。

先ほどお話させていただいたのは、あくまでも「海外の合法的なオンラインカジノ」でプレイする場合において。
万が一、サーバー、もしくは運営元が日本国内に存在する場合は、日本のカジノとみなされるため、賭博罪の適用範囲となります。

◆日本国内で安全にオンラインカジノを楽しんでいただくために、次のことは必ず確認してください。

1.海外の運営でライセンスを取得した合法的なサイトか?
2.運営先が日本になっていないか?
3.サーバーが海外にあるか?

以上3点は、オンラインカジノをプレイする上で、常に気に留めておいてほしいポイントです。
「海外で合法的に運営されていてる」こと、これは私たちが今のところオンラインカジノを安全にプレイするための必須条件です。しっかり確認しましょう。

日本で運営、またはサーバーがあるオンラインカジノを、絶対にプレイしてはいけません!

■オンラインカジノ法律関連サイト
オンラインカジノは違法か?気になる法律について | オンラインカジノ比較ナビ

合法オンラインカジノで日本人プレイヤー摘発!?

2016年に起きた、全国初となる日本人オンラインカジノプレーヤーの摘発。
yahooニュースや、その他のメディアでも大きな話題になったので、ご存知の方も多いはず。
ましてやオンラインカジノプレイヤーや、これからプレイしたいと考えていた方にとっては、衝撃的だったと思います。

ただし落ち着いて経過を見ていくと、逮捕された3名のうち2名のプレイヤーは公判で争わず。「略式起訴」による罰金刑をそのまま受け入れました。

しかし残りの1名は「この摘発自体が法律に則っていない、不当なものだ」と主張して争うことを選択し、不起訴が成立しました。

これを機に「海外で合法的に運営されているオンラインカジノでは摘発できない」とされ、オンラインカジノと法律についての一つの実例となっています。

■ダイヤモンド・オンライン編集部
スマホで賭博「オンラインカジノ」に群がる闇世界の人々

カジノ法案成立で後押し

海外では一般的なカジノ、これを日本でも合法化して導入すべく、発案されたのがカジノ法案です。
オリンピックが開催される2020年を目標に、2016年12月には統合型リゾート(IR)整備推進法案として成立しました。

長らくカジノを違法としてきた日本に、カジノが誘致されるということで同行が注目されていたこの法案。
治安に対する不安やギャンブル依存症への対策など、カジノ解禁を目指すにはまだまだ課題があります。
まだまだ不確定要素が多いことからも、オンラインカジノをプレイする際には今後の動向も逐一チェックし、慎重さを忘れないのがベストです。

法案の動きについては、随時お伝えしていく予定です。

オンラインカジノと法律カテゴリの最新記事